志共育応用講座

「志共育応用講座」は、
志共育公認講師を目指して
体験会、志共育基礎講座を、
実際に皆さんにチームで開催して頂きながら、
約5か月間のプログラムを通じて、
ご自身で志共育の講座を主催して頂けるように、
実践的に学んで頂く講座です。
志共育基礎講座1~3を修了された方が対象です。
 
志共育応用講座を合格点で修了された方は、
講座の全日程終了後に、
志共育公認講師の資格を申請して頂くことができます。
 
講座期間中に4回開催される集合研修については、
全国の皆さんと一緒に、
ネット会議システムを活用しながら、
東京の渋谷会場、芦屋会場、仙台会場を結んで
以下の日程で開催致します。
 
 
【 集合研修 日程 】
 
1回目:4/21(土) 10:30~17:30 (仙台)(渋谷)(芦屋)
2回目:5/ 6(日) 10:30~17:30 (仙台)(渋谷)(芦屋)
3回目:6/17(日) 10:30~17:30 (仙台)(渋谷)(芦屋)
4回目:9/ 2(日) 13:30~17:30 (渋谷)
 
★ 4回目は終了後、懇親会を予定していますので、
3回目までを、渋谷以外の会場で受講される方も
最終の4回目は、渋谷に集合して下さい。
 
★ どうしても日程が合わない方は、事務局にご相談ください。
 
 
【 会 場 】
 
<東京都:渋谷>
● 4/21(土):渋谷レンタルスペース壱番館
東京都渋谷区神南1-11-5
アクセス:https://www.google.com/maps?q=35.6572942,139.6977186
 
● 6/17(日)、9/2(日):渋谷メキキサロン
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-17-8 松岡渋谷ビル3階
アクセス:http://www.mekiki.ne.jp/access/”>http://www.mekiki.ne.jp/access/
 
<兵庫県:芦屋>
● 美塾 芦屋オフィス
〒659-0094
兵庫県芦屋市松ノ内町4-6 芦屋パレエレガンス107
アクセス:http://bijuku.jp/access/
 
<宮城県:仙台>
● オメガコートビル
〒981-3212
宮城県仙台市泉区長命ヶ丘 3-27-3
オメガコートビル 101号室
 
 

【 お申込み 】

今回の志共育応用講座については、募集を終了しました!
 
 
講座内容やお申込みに関するお問い合わせは、
いつでもお気軽に事務局までご連絡下さい。
一般社団法人 志教育プロジェクト 事務局
TEL:03-6805-1431
E-mail:office@kokorozashi.me

東京2期 公認講師養成講座完了しました

2016年8月、東京2期公認講師養成講座が完了しました。

 

東京2期は何といっても先生の活躍ぶりに目を見張る物がありました。

 

参加者6人中4人が先生です。中学校の養護教諭の先生や校長先生もおり、学校教育現場への可能性を垣間見た東京2期。

そして、2016年10月の志教育プロジェクトの拡大理事会において、横浜で校長を務められてきた北見俊則さんが学校教育部門の責任者に就任しました。学校教育でいかに志共育を実践していくか、北見さんよろしくお願いいたします。

 




文責:大久保優磨(一般社団法人 志教育プロジェクト 執行役員)

京都0期 公認講師養成講座完了しました

2016年6月、記念すべき京都0期が完了しました。

 

5名の皆様が切磋琢磨しあい、世界の器を変える一騎当千のリーダーとして立ちました。講座の最後は、講師たちだけで体験会を開催し、20人を超える人たちが集まりました。

 

京都0期を皮切りに、西日本各地で「私の県は私が立場とります!」と連鎖がおきるようさらに切磋琢磨して参ります。

 




文責:大久保優磨(一般社団法人 志教育プロジェクト 執行役員)

ポーランド国立ストゥシェミンスキー美術大学教授の稲吉紘実先生より推薦文を頂きました

世界を代表するCIデザイナーであり、ポーランド国立ストゥシェミンスキー美術大学教授の
稲吉紘実先生より推薦文を頂きました。

 

-----------------以下、稲吉先生より
 
現在、私は地球のアイデンティティー・デザイン、Earth Identity Designを
展開しています。それは芸術と音楽、そして教育で世界をひとつにし、真に世界の平和を実現
するという大規模なWorld Aidプロジェクトです。その一環として、「世界一大きな絵
2020」プロジェクトを推進しています。そして、そのコンセプトを元に、KOKOROZASHI CLOTH
プロジェクトが生まれました。また、出口 光 理事長に依頼され、志教育プロジェクト
[Kokorozashi Art Projekuto]のCIデザイン-シンボルマークをデザインしました。そのマークは
漢字「志」の中心にある、一点をシンボライズしたもので、まさに「志」そのものの
真髄を凝縮し、貌にしています。この一点のシンボルマークが真の教育、共育の原点になり、
いずれは志教育が世界の教育の中枢となれば、これにまさる喜びはありません。
そして、私はその実現に向けて、ただ尽くすのみです。
 
---------------------

 

稲吉先生、推薦文感謝いたします。


人間国宝 大倉正之助様より推薦文を頂きました

重要無形文化財総合認定保持者であり、能楽師の大倉正之助様より推薦文を頂きました。

 

--------------------以下、大倉様より

本来、志は全ての人々が持っており、世の為人の為に働くことが自然の姿です。
私達の未来をより良い世界へと導くには、国籍人種を超えた志ある
文化人、経済人が対等な立場で繋がり、互いが協力し行動することが大切です。

 

志教育が世界へと普及し、次代を担う人々の意識が高まることで、
その具現化に大きく寄与するものと期待します。

 

紛争、暴力、貧困と云う言葉すら無い社会が、この活動を通して広がる時には、
自然と調和した芸術文化と経済が連携する様になり、真の豊かな暮らしが齎されることでしょう。

 

日本古来より伝わる伝統文化を通して
高き精神性に立ち返り、志教育に貢献して参りたいと思います 。
世界の平和安寧に貢献する実践行動を起こして行きましょう。

 

重要無形文化財総合認定保持者
能楽師

大倉正之助

---------------------

 

大倉様、推薦文感謝いたします。


文責:大久保優磨(一般社団法人 志教育プロジェクト 執行役員)